2020/06/25

Red Tiled Floor




My hoofs shatter the glassy ground.


I run.


I'm in a race you see.


I put my foot forward and front. 


My hair dances in the air. 


My breath leaves and comes back home with groceries.


The Magnificent stage full of dance and play is far far away. 


The never-ending sight of empty chairs burns into my mammal eyes. 


They must have all ran off to join the race.


I run. I'm in a race you see.


It's still dark in here.


The faint light of the cinema lights my way.


Everyone is in front of me. 


Maybe if I didn't stop running here and there, 


maybe if I never got lost in this opera, 


maybe I could run with pride.


Everyone must be so far in front of me. 


Maybe I should just walk or just stop and cry.


As my hoofs leave marks of the floor, 


as my hair brushes against the chairs with no doors.


I see a man


A masked man.


Crowning a beautiful mask etched with heart gold and colorful feathers.


The mask shows an expression of playfulness. 


Like a child losing himself in the drama of ants. 


He sits in silence. Watching the stage from far far away.


I stop dead in my tracks.


"Why do you sit here? 


Mustn't you keep running" 


I ask condescendingly.


He continues to watch the play in silence from far far away.


I don't understand him.


I ask again, 


"Why do you not run?. the more you wait the further the others will go."


The man chuckles. I can't tell if he's laughing at the play or myself.


"what race? My little mammal friend." 


The masked man taunts me like a circus jester.


I stand in silence and get ready to go.


But before I fly my wings he speaks gently to me,


"Take a rest, my friend. 


And sit upon this throne of thorns. 


For the play is beautiful, and watching just for the end has no use at all. 


And let the eclipse of life pass through your ever dancing soul. 


For mark my words child. It will all be ok. 


Now sit and enjoy the play." 


His mask smiles, ever so sweetly.


I run. 


But not for the race anymore. 


I run for the run. 


For that was the point of all.











..... The poem written by my son .....









2020/04/08

The Room


The weather is relatively mild
The landscape opens up with panoramic views
It is connected to the earth with an invisible code
We’ve come so far
It is colorful

What a view
Are you ready to go out
Its existence is certainly in front of you
Presence in front of you
As planned

Because I wanted it
Because I suffered a bit
It always starts with a sense of drowning
Slightly conscious and mostly subconscious
There seemed to be nothing there

I was tired that night
But there was no drowning
Dolphin cried and made a wave
Images of a green sea
Yet it’s not the full view

The situation has changed somewhat since then
I just regret that I just regretted it
The wind that blows at night
I am here for the gale

Time in limbo has passed
Life's best friend it seems
There are two main climbing routes
So far have you come

Standing at the pineal gland of the earth
The simple crystal whisper of the heart
I am here for this moment
Dream memoirs return.











2019/12/26

ブログ引越しの連絡 


ブログ引越しました。↓ noteに続きます。

https://note.com/renovator

↑ The stories to be continued here.




2019/11/17

Within my dream I was a child









within my dream 




 I was a child








I was holding something 




something from a fragile whole




but it only lasts for a second







it bursted into nothing 




nothing at all



   
 I burst into tears









then it appeared again



 from nowhere


           
or somewhere



out of the blue







come over



 come over here




said the beat of the bubble 




the fragile whole




 following the rhythm of one’s heart




 it flows in my own time 




also in its own time







The season of Orion




and its periodical reason




It provokes the uncertain




but it only looks that way








at this very moment




looking into the black hole




since it appeared as a whole











A surprise guest sat on the beat




in my precious dream




of  the spinning




white gold




period














2019/10/25

魔術師と四人の哲学者(Collage Cafe)






ヘ:「あ~」(カフェラテを飲んで) 


ラ:「ときにはいい気分になるために
   ちょっと自分を甘やかすことも必要だね。」


ヘ:「うふっ」


ホ:「人間はね。」


ス:「きみたちは、どこかへ行くとちゅうかい?」


ホ:「やたら動き回るだけで、自分たちが
   堂々巡りしていることに気づかないんだ。」


ス:「いずれどっかへいくだろうさ
   それともどこへもいかないのかもしれないぜ。」


ヘ:「世界歴史は自由意識の進歩である。」


ラ:「建物は崩れ去るかもしれない、だが知恵は永遠だ。」


ヘ:「この世で情熱なしに達成された偉大なことなどない。」


ホ:「ボクは、あのバラのために、毛虫だってやっつけてあげたんだ。
   ……二、三匹は、蝶々にするために残しておいたけど。」


ヘ:「ヘぇ~」


ラ:「僕をイライラさせる例の子に、
   どうして僕こんなに夢中なんだろう。」


ホ:「地球の人間たちって。」






ス:「人間は、ものに執着せぬようにしなきゃな。」


ラ:「欠点?これが欠点だって!?違うよこれはみんな個性だよ!」


ホ:「たしかにそうだね……。」


ラ:「この地球上で一人一人が少しずつ違うように造られた
   ってのはなんて素晴らしいんだろう。」


ヘ:「自由な人間は決して妬まない。彼は偉大なものを喜んで
   受け入れ、そうしたものが存在することが、うれしいと喜ぶ。」


ホ:「午後の4時にきみが来るとすると、午後の3時には
   もう嬉しくなる。4時になったら、もう気もそぞろだよ。
   幸福っていうのがどんなことかわかる!」


ス:「だめだよ。僕は孤独になりたいんだ。来年の春、また会おう。」


ヘ:「べぇ」(片方の下瞼を人差し指で下げ)


ス:「孤独になるには、旅に出るのがいちばんさ。」


ラ:「分かち合うことのよさってものもあるのをぼくは認めたいね。」


ス:「いつも優しく愛想良く、なんて、やってられないよ。
   理由はかんたん、時間がないんだ。」


ド:「そして流れ去った時間は、二度と帰ってこないんだ。」


ス:「いざ泣こうとすると、泣けないことってあるだろ?」


ヘ:「ん?」






ラ:「サイコロをふってもふらなくても
   人生はめちゃくちゃになる!」


ヘ:「自然な魂は常にメランコリーに包まれて、
   悩まされるようにできている。」


ラ:「人生にはいろんな選択肢があるのに
   選択できたためしがないんだ!」


ヘ:「我々が歴史から学ぶことは、人間は決して
   歴史から学ばないということだ。」


ド:「ほっとくと国がみだれる。」


ス:「世の中にはね、思い通りになって
   くれない相手の方が多いんだよ。」


ド:「よくみておくんだね。
   君が昼寝をしている間にも時間は流れ続けてる。」


ス:「ぼくは、見るだけにしているんだ。そして立ち去る時は、
   それを頭の中へしまっておくのさ。」


ド:「いくら夢の世界ににげても、さめたらみじめになるだけ
   じゃないか!! もっと現実世界でがんばらなくちゃ。」


ス 「生きるっていうことは平和な事じゃないんですよ。」


ヘ:「新しい進歩には怖さあり。」


ス:「何か試してみようって時にはどうしたって危険が伴うんだ。」


ド:「過ぎたことを悔やんでも、しょうがないじゃないか。目はどうして
   前についていると思う? 前向きに進んでいくためだよ。」


ラ:「夏はいつだって飛んでゆく冬はのそのそ歩くんだ。」


ド:「アホかきみは。」







ラ:「世の中で起こってることをこの目で見ることが
   できるってのはちょっと素敵だな!」


ス:「僕は自分の目で見たものしか信じない。けど、
   この目で見たものはどんなに馬鹿げたものでも信じるよ。」


ホ:「目で見ても、大切なものは見えないよ。ハートで見なくちゃ。」


ス 「大切なのは、自分のしたいことを、自分で知ってることだよ。」


ド 「未来なんて、ちょっとしたはずみで、どんどん変わるから。」


ラ:「永久に子どもでいられるわけにはいかないんだ。
   だから一瞬一瞬を大切にしろよ。」


ス:「たとえ作品が壊れてしまったとしても、
   作ったときの感動は消えることはないんだ。」


ホ:「ぼく、夕陽が大好きなの。ねえ……悲しくて
   たまらないときは、夕陽が見たくなるよね……。」


ス:「この世にはいくら考えてもわからない、でも、長く
   生きることで解かってくる事がたくさんあると思う。」


ヘ:「ミネルヴァのフクロウは黄昏時に飛び立つ。」


ド:「なんだ。いつものパターンか。」


ス:「眠っているときは、休んでいるときだ。
   春、また元気を取り戻すために。」













ー ー  ー ー ー ー

Collage Cafe       -----言葉のコラージュ-----

<キャスト>  
[四人の哲学者]       
ラ:= ライナス (『ピーナッツ』チャールズ・M・シュルツ
ス: スナフキン (『ムーミン』トーベ・ヤンソン 作)
ホ:= 星の王子さま (『星の王子さま』アントワーヌ・ド・
                    サンデグジュペリ 作)
ヘ:= ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル 
                     (ドイツの哲学者)

[魔術師]
ド:= ドラえもん (『ドラえもん』藤子・F・不二雄 作)


ー ー ー ー ー ー ー